いつから住宅ローンの審査が通りやすいと言われているのか?

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳しく行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。
固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。
しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。
これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。
家を購入しようとしたときに最初に来る難関は支払の事をどうするか。
という事だと思います。
全体的に、銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。
ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。
期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険を掛けます。
この保険は、申請者に何かあった場合借金がなくなる。
という内容になります。

住宅ローン審査通りやすい銀行は?借り換えできる?【審査の流れ】